MENU

専業主婦でも借りられる

毎日の生活をご主人だけの給料だけで生活をしている専業主婦にとって、思ってもいなかったことから出費があるとたちまちやりくりが行き詰まってしまいます。
貯金があれば何の心配もありませんが、貯金がなければどこかで借りるしかありませんが。そんなときは手軽に借りられるキャッシングもひとつの選択肢といえます。
キャッシングでお金を借りる方法として、消費者金融やクレジット会社で借りる方法と、銀行カードローンで借りる方法があります。(参照:カードローン比較完全マニュアル

 

「消費者金融の借入はむつかしい」

これまで消費者金融の利用者は主婦が一番多いと言われていましたが、2010年の貸金業法の改正で、総量規制が施行されるようになり、消費者金融で融資が受けられるのは、年収の3分の1以内と制限されるようになりました。

 

ただし、総量規制には「例外項目」があり、そのなかのひとつに「配偶者貸付制度」を利用している消費者金融なら申込ができます。
この制度は、配偶者に収入があればその3分の1以内で貸付ができますが、申込には配偶者の同意がなければならないことや、本人名義では申込ができません。
大手消費者金融はこの制度を利用した貸付は本人にも年収が必要なところがほとんどです。
また、この制度は書類審査や調査に時間がかかるため採算が取れないことから、廃止もしくは中止にしているところも多いので、実質利用はむつかしいといえます。

 

「銀行カードローンなら専業主婦でも安心」

銀行のローンは貸金業法の適用は受けませんので、総量規制の対象外となり、消費者金融のように年収による制限は受けません。
そのため銀行の審査さえ通れば、本人の収入に関係なくお金が借りられます。
といっても実際のところは本人に収入がないと申込めない銀行ローンがほとんです。
しかし、なかには専業主婦を対象にした商品を扱っている銀行カードローンもあります。
たとえば、みずほ銀行カードローンは30万円まで、イオン銀行カードローンは50万円まで、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は30万円までなら、本人に収入がなくても申込ができる商品が用意されています。

 

「カードローンの審査は同じ」

専業主婦の商品であっても申込んだからといって必ず借りられるわけではありません。
一般ローンと同じように審査があり、主婦だからといって、特別に優遇される訳でもありません。
なかには借りられると思って申込をしたけれど借りられなかった、という主婦のかたもおられます。
審査に通らなかった理由として、クレジットーカードや公共料金の返済を何度か遅れたことが有る場合は、審査が通りにくくなります。

 

キャッシングを利用しようと思う場合は、普段からこういったことで返済が遅れたりすることがないようにしておけば、きっと融資が受けられるはずです。

提携コンビニATMなら24時間いつでも可能

キャッシングの借入や返済は、提携コンビニATMや銀行ATMでいつでも利用できるので大変便利ですが、ATM利用手数料を支払わなければなりません。
利用手数料は1万円以下は108円、1万円以上になると216円の利用手数料を支払うことになります。
これらの費用がかかると、利息以外に無駄なお金が必要になりせっかく安い利息で借りられたと思っていても、利用手数料が必要になれば決しておとくなキャッシングとは言えません。

 

「カードキャッシングの利便性」

最近はインターネットキャッシングをするかたも増えています。
ネットキャッシングはカードキャッシングと違って、銀行ATMなどに並ぶ必要がないことや、ネット銀行の口座を使えば24時間いつでも借入れや返済ができるので便利な利用方法です。
しかし、カードキャッシングは提携コンビニATMが利用できるので、会社の行き帰りや、買い物途中にコンビニに寄るだけで借入や返済ができます。
また提携コンビニATMは24時間いつでも利用できるので、一般銀行へ振り込みをするときのように時間を気にする必要もありません。

 

「提携ATMを無料で使う」

キャッシング会社を選ぶときは、もちろん金利の比較も大事ですが、それ以外にこういった余計な経費がかからないことも重要で、毎回手数料を支払っているとせっかく低い利息で借りられたと思っていたけれど、結果的には高くついたということになります。
銀行カードローンの中には、こういった手数料を無料で利用できる銀行もあります。

 

「手数料無料が可能な銀行カードローン」

消費者金融のキャッシングはほとんどの場合、提携コンビニATMから返済する場合は利用手数料が必要ですが、銀行カードローンはこういったATMを利用するとき、手数料無料で利用できる多くの提携ATMがある銀行カードローンがあります。
たとえば、オリックス銀行カードローンは提携銀行ATMには、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、西日本シティ銀行、ゆうちょ銀行、セブン銀行、イオン銀行などで利用できます。
また提携コンビニATMはやローソンATM、E-net、セブン-イレブン、Dailyなど
全国89,000台以上の提携ATMが何度でも手数量無料で利用できます。

 

コンビニキャッシングをするとき、仮に1回の手数料が218円として1年間返済をすると約2,620円を支払うことになります。
10万円を借りた場合で計算すると、年利2,6%が上乗せされた計算になります。借りたお金に無駄な経費を支払わないためにも手数料無料で利用できるかどうかを調べるのも大切なことと言えます。